「足し水」について

 

おはようございます!

今朝の奈良県は「ボチボチな天気」です。

天気予報では「今日は1日曇り」となっております。

 

さて、メダ活です。

水槽を見ると、水量が減っていました。

ということで、足し水をしました。

 

僕の「こだわり」というか、

足し水をする時は、大きな水槽の飼育水を足し水に使います。

こちらの水槽の「ろ過システム」は、底面フィルターに外部フィルターを組み合わせています。

キレイな飼育水です。(多分)

 

飼育水をすくい取ります。

 

そして他の水槽へ入れます。

 

大きな水槽の飼育水が減るので、ペットボトルに汲み置きした水を足します。

 

足した水の分だけ、PSBを入れておきました。

足し水した全ての水槽にもPSBを入れておきました。

 

このPSBは「カルキ抜き剤」も入っていて便利なアイテムです。

 

針子用の水槽や、稚魚用の水槽に足し水をする時は、

他の水槽の飼育水を使う方が安全かなって。

ちょっとした水温だとか、水質だとかでショックを起こす危険がありますから。

 

今までの経験上、

水の入れ替え時や、足し水時にメダカが死ぬことが多かったです。

水質の変化に耐えれなかったのかな。

 

だったら?

「水質を変えなければいいじゃん♪」

という発想なんです。

 

足し水に利用している大きな水槽は、色んな生き物が暮らしています。

割と?みんな元気なんです。

水道水を足し水しても、死ぬ子がいないんです。

それだけ、水槽内の環境が整っているのかも知れませんね。