メダカ水槽の「かきがら」を交換

 

午後からメダカ水槽の手入れを行いました。

日光浴で気持ち良さそうにしているところをゴメン!

 

メダカ水槽には「かきがら」というものを入れています。

かきがらを入れると水質が「弱アルカリ性」に傾いてくれます。

わが家の水槽の水質は、全て弱アルカリ性に傾くようにしています。

 

僕がなぜ?水質を弱アルカリ性に傾けているかというと、

メダカの体色を良くするためなんです。

 

以前に、どこかのサイトの記事にそんなことが書いてあったので。

また、イエロー・チェリーシュリンプなどを混泳させているので、

弱アルカリ性の水質の方が好ましいようです。

 

かきがらは、1パックに個別されていて使いやすいです。

 

水洗いをして、細かい粉などを落とします。

 

洗ったら、水槽へ沈めておくだけです。

 

かきがらは、バクテリアの住処にもなるようです。

僕の場合ですが、かきがらは3か月に1度の割合で交換しています。