「めだか」 オスとメスの見分け方って?

めだかのオスとメスの見分け方は簡単です。

「ヒレ」の形を見て判断するんです。

 

こちらの画像はオスです。

*「ミックスラメめだか」です。

 

こちらの画像はメスです。

*「煌めだか」です。

 

こちらの画像を見ると、ヒレの大きさの違いがよく解ると思います。

 

オスのヒレが大きいのには「理由」があるようなんです。

その理由とは?

めだかが交尾をする時に、オスが自分の背ビレと尻ビレを使って、

メスの胴体を「わしづかみ」するからなんです。

 

このように、メスの胴体をヒレを使って抱えるのです。

 

 

オスが体を振動させると、メスの体内から卵が出て来るんです。

そしてメスの体内から卵が出て来たら、

もう1度、メスを抱えて卵に精子をかけるようです。

僕が観察している限りでは、そのように交尾をしていました。

 

めだか達の交尾の様子を撮影しました。

参考になさってください。

 

 

また、他にもオスとメスの見分け方があって、

上からメダカの口の形を確認するんです。

 

こちらがオスです。

口が「まっすぐ」になっていると思います。

 

こちらがメスです。

口に「まるみ」があります。

 

この他にも、メスの体を見ていると「ふっくら」しています。

人間は、めだかのヒレの形などで性別を判断します。

めだか達は、「相手の顔」を見て性別を判断しているそうなんです。

顔の形ということで、口の形を見ているのでしょうかね?

 

このように、性別を見分ける方法を調べると、いろんな事が学べました。

オスのヒレが大きいのは、メスを抱えるため。

意味があるのですね。