ヒメタニシの「甲羅干し」について?

プラ船水槽を眺めていると、ヒメタニシが水中から這い上がっていました。

カメのように、甲羅干しをしているようでした。

ネットで検索すると、意図的に甲羅干しをしているようです。

 

カメなどは、甲羅干しをすることで健康効果を得ているようです。

ヒメタニシも、同じように健康のために甲羅干しやっていると思います。

 

ということは?

甲羅干しをする場所を設けてあげるほうが良いのかな?

水槽用の「土管」などがいいかも。(o^―^o)ニコ

 

こんなタイプの土管もいいかも?

 

僕が、ヒメタニシを飼っている理由は「水質を保つ」ためです。

ヒメタニシは「濾過摂食:ろかせっしょく」という方法で、

水中のエサを食べるようです。

例えると、フィルターで水中の濁りを吸い取るような感じです。

 

でも、ヒメタニシがすぐに死んじゃうんですよね。

その死因は「エサ不足」と「寒さ」だそうです。

 

水槽は、汚い方がヒメタニシには最適な環境だけど、

水槽が汚いと、メダカ達には最悪なんです。

 

そんなことで、

「汚い水槽を作ろう!」かなって。(笑)

 

幸い、1つ水槽が余っているので、

ヒメタニシを繁殖させる水槽にしてみようかな。

 

これから暖かくなるので、寒さ対策は必要ないです。

エサは、メダカのエサなどをぶち込んでおこうかな。

あと、甲羅干しをする場所を設置してあげて。

 

ヒメタニシは、買うと1000円くらいします。

繁殖させれば、逆に売れますからね。(笑)

 

余談ですが、

メダカ水槽には、イエロー・チェリーシュリンプというエビが暮らしています。

メダカ達の、エサの食べ残しを食べて貰っています。

イエロー・チェリーシュリンプの育て方は完璧!

増えすぎて駆除しているくらいです。(;゚Д゚)

 

下の写真は、イエロー・チェリーシュリンプが抱卵しています。

 

イエロー・チェリーシュリンプが群がっていますが、

何をしているかというと?

メダカの死骸をエサとして食べているところです。

 

メダカの死骸を食べ終えると、このようになります。

キレイに、骨だけになるんです。

たくさんエビがいれば、1日あれば骨だけになります。

 

イエロー・チェリーシュリンプの飼育の注意点は、

・エアーレーション

・水質(僕は弱アルカリ性に傾けています)

この2点くらいでしょうかね。

 

水質を弱アルカリ性に保つために、「カキガラ」を使っています。

 

このカキガラは、水槽の水質が「酸性」に傾いた時だけ、

カキガラが溶けてカルシウムを放出します。

そのカルシウムが水に溶けて水質を「弱アルカリ性」に傾けてくれるんです。

 

このカキガラを、小分けします。

 

このような水切りネットに入れるんです。

 

こういうのを、たくさん作っておくんです。

 

僕は、メダカ飼育がメインです。

メダカの飼育水には、いろんな水質があります。

 

僕の場合は、メダカ水槽の水質は「弱アルカリ性」にしています。

その理由ですが、

①メダカの体色が鮮やかになると言われているから。

②イエロー・チェリーシュリンプを混泳させているから。

③ヒメタニシの甲羅が溶けないために。

 

このような理由で、水質を弱アルカリ性に傾けています。

水質のチェックには試薬などは使いません。

 

僕の、水質チェックの方法は簡単です♪

イエロー・チェリーシュリンプの「脱皮した皮」を確認するだけです。

イエロー・チェリーシュリンプが、脱皮をするという事は、

水質が安定しているという答えになるんです。

 

逆に言うと、

水質が悪ければ、イエロー・チェリーシュリンプが脱皮不全を起こして、

脱皮をしなくなるそうなんです。

 

あとは、先程の、

カキガラを定期的に新しいものと交換していれば問題がないです。

 

今、水槽の水の入れ替えは、ほとんどしていません。

水槽の水が減って来たら、汲み置きしている水を入れるだけです。

 

水槽に使っているソイルは「ブルカミアG」です。

2年間、水替え不要という優れものです。

 

あと、水槽内には水草を多く入れています。

水草や、水中のバクテリアなどが水質を安定させてくれています。

 

これからメダカ達の繁殖期です。

嬉しくてたまりません。(o^―^o)ニコ