ヒメタニシが3匹も死んだ。 その原因は?

こんにちは、今日の奈良県はメダカ日和です。

どんな日和なんだろう。(笑)

気温が少し低いように感じますが、とても良い天気です。

 

さて、本題ですが、

ヒメタニシが3匹も死んでいました。

抜け殻になっていました。(ノд-。)クスン

 

他の水槽のヒメタニシは元気でした。

しかし、この水槽のヒメタニシだけが死にました。

 

ちなみに水温が17.3℃です。

 

1つの水槽のヒメタニシが死ぬという事は、

他の水槽と違う「原因」があるのでしょね。

 

結論的には、

「コケ」が少なくて「餓死」したのだと思いました。

こちらの水槽は、コケが多いです。

ヒメタニシのエサとなるコケが多いので死ににくい?

 

そして、こちらの水槽もコケが多いです。

 

そして、こちらの水槽はコケが少ない(無い)状態です。

 

ヒメタニシのエサとなるコケが少ないから、

ヒメタニシが餓死したのだと推測する納得できます。

 

そして、

コケがある水槽と、コケが少ない水槽の違いは何か?

それは「照射」が関係するようです。

「照射:しょうしゃ」というのは、

光が照り続けるという意味だそうです。

 

コケが生えている水槽は、ライトを照らしたりします。

明るい窓際に置いてあるので、コケが育ちやすいのでしょうかね。

 

ということで、

コケが少ない水槽のヒメタニシを、窓際の水槽へ移してあげました。

また、ヒメタニシ達が「甲羅干し」する場所を設置しました。

ガラスのコップを水槽に設置したんです。

 

コップに水を入れながら空気を抜きます。

 

コップを立たせると、イイ感じになりました。

 

こんな感じで甲羅干しができます♪

 

他の水槽にもコップを設置しました。

 

水槽の水質ですが、

水質が酸性ですと、ヒメタニシの殻が溶けてしまうようです。

その対策として、

「弱アルカリ性」に傾くようにカキガラなどを入れています。

カキガラが溶けるとカルシウムを放出し、

水をアルカリ性へと傾ける作用があるようです。

 

 

水切りネットにカキガラを入れます。

 

これを水槽に入れておくんです。

 

しばらくの間、窓際の明るい水槽でヒメタニシを育ててみます。

稚貝が増えて来たら、別の水槽へ移してみます。

ヒメタニシの様子を観察し、記事を書いてみます。