「プラナリアの駆除」 毎日の日課になっています

今日の奈良県は良い天気です。

昨日より少しだけ温かいような気がします。

 

さて、僕の部屋の「メダカ飼育スペース」です。

 

毎朝の日課で、「プラナリアの駆除」を行っています。

プラナリアは、害虫というと害虫になるのかな。

しかしながら、メダカが食べ残したエサなどを食べてくれるので、

害虫といも言い難くてね。

水槽の「景観を害する」という面では害虫になるのかも。

 

プラナリアは、小さなナメクジのような生き物なので、

見た目は悪いと思います。

また、プラナリアを飼う人もいるとかどうとか?

人には「好み」ってありますからね。

 

メダカ達にエサを与えると、プラナリアが浮いてきます。

浮いてきて、メダカ達のエサを食べるんです。

浮いてきたプラナリアを、スプーンですくいとって駆除しています。

 

 

プラナリアの駆除は、面倒だと思うかも知れませんが、

意外とやっていると楽しいんです。(笑)

大きいプラナリアを捕まえた時なんて嬉しくってね。

「とったどー!」って。(濱口かよって!)

 

余談になりますが、

メダカ飼育をしていて、理想の水槽ってどんなだろう?

メダカを飼い始めた時の水槽がこちら。

 

そして、メダカを繁殖させるための水槽。

 

最終的に、このような水槽がメダカ達には喜ばれるのかなって。

 

メダカ達を観ていると、

それほど水槽の「水深」が必要なさそうです。

水槽は「浅くて広い方」が良いみたい。

人付き合いと同じような感じ。(笑)

 

最後に、プラナリアを駆除するアイテムがあるようです。

*商品の「レビュー」を参考になさってくださいね。

 

こういった薬品も便利ですが、

プラナリアは30℃近い水温になると死滅するようなので、

僕は夏を待ちます。(笑)

それまで、手作業で駆除しようと思います。