新規「水槽立ち上げ」計画

おはようございます!

只今、朝4時で外は真っ暗。

そして今日は通院日なので、早朝からブログを書いています。

 

さて、今年の目標として、

「雲州3色メダカを100匹育てるぞ!」という目標があります。

現在、針子が約70匹、稚魚が50匹が元気に育っています。

 

日に日に大きくなってくるメダカ達を観ていると、

「これじゃ水槽が小さすぎるぞ!」と思いました。

 

それで、プラ箱L40を、もう1つ購入して、

プラ箱L40に稚魚達を住まわせようかと思いました。

 

今、使っているプラ箱L40には、

雲州3色メダカの「種親」達が12匹ほど暮らしています。

 

そして、窓際に設置されている針子水槽と稚魚水槽を撤去し、

プラ箱L40を設置しようかと思っています。

 

プラ箱L40を設置したとして、どのような設備にするか?

現在使っているプラ箱L40そのままの設備にしようと思います。

 

・水槽はプラ箱L40

・底面フィルター・水中ポンプ式

・底砂(ソイル)はブルカミアG

・各種ろ過材

 

使う設備などは、すべてAmazonで購入します。

僕はAmazonプライム会員なので。(o^―^o)ニコ

 

プラ箱L40です。

出典:Amazon

 

底面フィルターです。

この底面フィルターを2つ購入します。

というのも、フィルターのベースが14枚必要になります。

 

このマルチフィルターを1個買うと、9枚のベースが付いてきます。

それで、2つ購入するんです。(笑)

 

そして底砂(ソイル)はブルカミアG1択です。

わが家の、全ての水槽にはブルカミアGを使用しています。

このソイルは、「2年間水替えをしなくてOK」という代物です。

 

ソイルは、1袋4キロで丁度いい感じになりました。

本当は、もう少しソイルを入れた方が良いと思うのですが、

この量が、僕の好みです。(o^―^o)ニコ

 

ろ過材として、「カキガラ」を使用します。

このカキガラは、水質が酸性に傾いて来ると、

カキガラが溶けて水質をアルカリ性へと傾けてくれます。

また、バクテリアの住処になります。

 

このカキガラを、水きりネットに入れます。

 

団子上にしたカキガラを、水槽へ沈めておくんです。

取り換え時期が来たら交換します。

 

そして「ろかジャリ」です。

ろかジャリも、同じように団子を作ります。

 

下記の写真は、ちょうど稚魚たちを育てていた時のものです。

こういう感じで、雲州3色メダカの針子・稚魚たちを育てようかと思います。

 

水草は、ウィローモスと、南米ウィローモスを使用しています。

他にも、アナカリスなども。

沈んでいる石は「気孔石」です。

イエロー・チェリーシュリンプなども混泳させているので、

イエロー・チェリーシュリンプたちの隠れ家になります。

 

イエロー・チェリーシュリンプには、

メダカ達が食べ残したエサを食べて貰っています。

そして、イエロー・チェリーシュリンプの稚エビが、

メダカたちの栄養源になったりしています。

 

あと、ヒメタニシが増えたら、導入する予定です。

 

水底の掃除屋さんとして、コリドラスも混泳させる予定です。

コリドラスは、60㎝ガラス水槽で飼育しています。

卵を産んでくれて、2匹、増えました。

 

 

来月くらいには、全ての針子が稚魚となるはず。

稚魚も、そこそこのサイズに成長しているはず。

ということで、

8月中に?プラ箱L40を新規立ち上げるかも。

費用は、約1万円ほどだと思います。

 

水槽の立ち上げも、僕は大好きです。(o^―^o)ニコ

水槽の立ち上げをした時、1番重要なのが「バクテリア」だと思います。

バクテリアが定着すれば、メダカたちが死んじゃうリスクが減ると思います。

水槽を立ち上げた時は、PSBなどでバクテリアを定着させたいです。

 

来月が楽しみです。(o^―^o)ニコ

新しい計画が生れて良かったです。