「洗えるマスク」を「抗菌仕様」に改良してみた!

▽・ェ・▽ノ””コンバンワン♪

今日は、洗えるマスクを改良してみました。

洗えるマスクに「銅繊維マスク」を縫い付けたんです。

 

こちらは、母の裁縫箱です。

 

この2つのマスクを使います。

 

 

こちらの、黒いマスクを外側にします。

黒いマスクは、普通の布で作られています。

このマスクの利点は、「マスクの縦の長さが15㎝」もあって、

鼻の上の方まで隠れてくれます。

また、「ノーズワイヤー」が入っていて便利です。

 

そして、こちらは銅繊維で作られたマスクです。

マスクの縦の長さが12㎝ほどで、僕には短かったんです。

あと、ノーズワイヤーも入っていません。

 

ということで、両方のマスクの「良い部分だけ」を使って、

僕の理想のマスクへ改良してみました。

 

まず、黒いマスクの内側にあるメッシュを取り除きました。

布を重ねるので、息苦しくなったら困りますからね。

 

そして銅繊維マスクを縫い付けて行きます。

縫い方は「大雑把」です。

大雑把な縫い方には理由があります。

それは、「O型」だからです。(笑)

 

こんな感じで、大雑把に縫い付けました。

 

マスクの表側に穴を開けました。

少しでも息がしやすいように。

 

切り口を、大雑把に縫っておきました。

 

このマスクには、中央と上部横にノーズワイヤーが付いています。

ノーズワイヤーの部分だけを骨格として残しています。

 

これで完成ですが、

このまま使用する訳ではありません。

普段、マスクを2重にして使っています。

 

洗えるマスクの上に、使い捨てマスクを着けるんです。

使い捨てマスクは、1回使ったら破棄します。

 

念のために、使い捨てマスクには抗菌スプレーをかけています。

 

 

念のため、使い捨てマスクは20箱、購入しました。

1箱辺り「275円」で購入しました。

*2段重ねで、下に10箱隠れています。

 

使い捨てマスクを重ねると、縫い目が見えません。

だから、大雑把に縫ってもOKなんです。

 

 

僕の理想のマスクの条件というのは、

①マスクの縦の長さが15㎝以上。

②抗菌効果があるもの。(銅繊維を使用したもの等)

③ノーズワイヤーが入っているもの。

④洗えること。

⑤出来れば肌触りの良いもの。

 

この5つの条件が必須です。

通販でマスクを探していますが、理想のマスクが見つかりません。

 

だったら??

「作ればいいじゃん!」みたいな。(笑)

 

以前、小型のミシンを見たので、

小型のミシンを買ってみようかなって思っています。

そして、銅繊維を買って自作でマスクを作ってみようかなと。

手縫でも良いのですが、

何分、僕は先端恐怖症があって、針が怖くてね。

 

今日は2回も針が刺さりました。

痛くってね、泣きそうになりました。

 

まあでも、手縫も良いかも?

針の恐怖も、克服できるかも?

 

取りあえず、イメージトレーニングをやっておきます。