【メダカの交尾】 オスはヒレを使ってメスを抱え込む!

 

皆さんこんにちは!

今日の奈良県は「とても良い天気」です♪

良い天気なので、郵便局へ行って「青い鳥ハガキ」の申請に行ってきます。

*ゴールデンウィークでしたよね、郵便局は閉まっていますよね。(笑)

 

さて、メダカの交尾について記事を書いてみます。

メダカ達は、春~夏の終わりにかけて産卵をします。

「日照時間」・「水温」等が産卵に関係するようです。

そして冬には、メダカが「冬眠」するそうなんです。

 

自然界では、冬眠から目覚めたメダカ達が春になって産卵をします。

生まれた子供たちが育って、冬になり冬眠する。

そして、親となり産卵をし、生命が終わるようです。

そういうサイクルで、メダカの一生は自然界では1年ほどだそうです。

 

・自然界にはメダカの天敵も多いです。

・自然界には災害などもあります。

・自然には十分なエサが無い場所もあります。

 

そんな環境の中で、小さな小さなメダカが生きるんです。

 

前置きが長くなりました。

申し訳ございません。

 

メダカの交尾ですが、

オスがヒレを使って、メスを抱え込みます。

 

そして、メスを抱き込み体を揺するんです。

携帯電話の「バイブ」のように体をブルブル振動させるんです。

 

そうすると、メスのお腹から卵が出て来るんです。

出てきたた卵に、オスが射精するようです。

*振動中に、射精も同時に行っているという記事もあります。

 

僕が交尾の様子を観る限りでは、

①メスのお腹を振動させて卵を出す。

②出てきた卵にオスが射精する。

このような行為を何度も僕の目で確認しています。

 

「オスがヒレを使ってメスを抱え込む」

この言葉の意味を理解すると面白いです。

 

こちらはオスです。*東天光メダカ

 

こちらはメスです。*煌メダカ

 

みなさん、オスとメスの違いって解りますか?

メダカの性別は、「ヒレの形」で判断すると解りやすいです。

*メダカは、「相手の顔を見て性別を判断する」そうです。

 

メダカのオスは、

交尾をする時にメスの体を鷲掴みにするためにヒレが大きいのです。

 

メダカ達の交尾の様子を撮影しました。

動画は古い過去の動画になります。

そして、動画のオスメダカが、メスに乱暴です。

気質が荒っぽいメダカもいるんです。

優しいメダカもいますし、人間と同じですね。

 

「東天光メダカ」と、「煌メダカ」の交尾です。

 

こちらは、

「オロチメダカ」と「琥珀超スーパーラメメダカ」の交尾です。

 

この2匹は、比較的にスマートな交尾をしていました。

 

動画ですが、序盤は面白くないです。

再生時間12分頃から観て頂けると良いかも。

よく見ると、卵が出たのが見えると思います。

 

「オロチメダカ」と「琥珀超スーパーラメメダカ」の交尾です。