メダカの水槽を立ち上げました! プラ箱40L

☆Hey!ヽ(‘ー’#)/ Hello!☆

今朝の奈良県は吹雪でした。(;゚Д゚)

僕が住んでいる街には「二上山」という山があって、

その山からの「吹き下ろしの風」の影響もあって、吹雪のような状態でした。

今は、雪がやんでいるようです。

 

さて、朝からメダカの水槽を立ち上げていました。

何だかんだで、5時間ほどの作業になりました。

 

使う水槽がこちらになります。

「プラ箱40」という水槽になります。

 

まず、「底面フィルター(ポンプ式)」を設置します。

こちらが底面フィルターになります。

 

このベースが欲しかったんです。

9枚ゲットです。(o^―^o)ニコ

 

底面フィルターを設置すると、こんな感じになります。

 

底面フィルターの「動力」には、

・エアーリフト式

・ポンプ式

この2種類の動力があります。

僕は、ポンプ式を採用しています。

 

次に、底砂(ソイル)を敷き詰めました。

使用した底砂は「ブルカミアG」です。

 

汲み置きしている水道水を入れます。

 

底面フィルターの排水口を加工しました。

最初は、下記画像のノズルを付けていたのですが、

水流で底砂が舞い上がって使えませんでした。

 

部品取りで残しておいた、透明のビニールホースを加工しました。

ホースに切れ目を入れて、排水口を作りました。

 

このような感じになります。

お爺さんのオシッコのように、

ジョロジョロと流れ出ていい感じになっています。(笑)

 

 

僕は、エアーレーションも使います。

 

こんな感じになりました。

 

イエロー・チェリーシュリンプの「隠れ家」として「気孔石」を入れました。

 

水草は、ウォーターバゴパを植えました。

 

イエロー・チェリーシュリンプを5匹入れてあげました。

今、この子は抱卵しているので、たくさん増えると思います。

 

ヒメタニシを2匹入れてあげました。

 

こちらは、コリドラスの稚魚だと思います。

別の水槽で発見したので、入れてあげました。

 

コリドラスの稚魚は、この2匹の子供だと思います。

 

水槽には「水流」を設けています。

また、水流が無い場所も設けています。

 

メダカ達は、水流に逆らって泳ぐ習性があるようです。

水流を作ってあげると、楽しそうに遊んでいます。

 

エアーレーションも、ちょっとした水流が発生します。

 

最後に、産卵床として、

気孔石にウィローモスと、南米ウィローモスを巻き付けたものを入れました。

あと、アナカリスも束ねて入れました。

これで、一応、完成です。(o^―^o)ニコ

 

こちらの水槽には、鮮やかな体色のメダカを増やす予定です。

稚魚や、繁殖させるメダカ達は窓際で暮らしています。

 

3月になれば、水温も上がってメダカ達が元気に活動し始めると思います。

たくさん、卵を産んでくれたら嬉しいです。

 

良かったら、動画もご覧ください。