メダカの生涯

メダカ飼育を始めたのが2018年2月でした。

病気をきっかけに、植物を育てたりしていました。

そしてメダカの飼育も始めました。

 

ここ最近になって、やっと???

メダカ達の暮らしに必要なことが理解できてきた。

飼い始めた当初は、すぐにメダカ達が死んでしまいました。

今なら、その死因がよく解ります。

 

そして、最近になって、

メダカ達の生涯を見届けることができた。

 

卵の状態から、孵化して針子になる。

成長したメダカが親になり交尾を始める。

多くの子孫を残し、役目を果たして死んで行く。

 

水槽内では、その連鎖が続く。

 

これまでの写真を使って物語ってみます。(o^―^o)ニコ

 

多くの卵を産んでくれた。

 

水温にもよりますが、約10日ほどで孵化し針子となる。

 

どんどん成長し大人になる。

 

大人になったメダカは、子孫を残そうと交尾をする。

 

そして卵を水草に産み付ける。

 

役目を果たしたメダカ達は、力尽き、この世を去る。

水槽内にはイエロー・チェリーシュリンプが混泳している。

メダカの亡骸は、イエロー・チェリーシュリンプの栄養源となる。

 

そして、最後に残るのは骨。

その骨も、溶けて消えてなくなる。

骨が溶けると、カルシウムが溶け出し水質がアルカリ性に傾く。

 

全てにおいて無駄がない。

我々人間の生涯は、どうなんだろ?

 

メダカ達を眺めながら、自分の人生に問いかける。

 

「俺の人生って何なんだ?」と。