【水替え不要】 簡単なメダカの飼い方

 

(。・ω・)ノ゙ おはよー♡

今日は、簡単なメダカの飼い方について解説したいと思います。

まずメダカ飼育の「一連の流れ」を覚えておくと、メダカ飼育がとても簡単になります。

また、水槽内の「仕組み」を覚えておくと良いと思います。

 

メダカ飼育の「一連の流れ」

①水槽を用意する

②底砂を用意する

③飼育水を作る(水中にバクテリアを増やす)

④水草を用意する

⑤屋内で飼う場合はエアーレーションを用意する

屋外で飼う場合はエアーレーションは不要

⑥水槽の水1リットルに対して1匹のメダカを飼育する

水槽の水が10リットルだと10匹飼えます

⑦エサの与え過ぎによる水質汚染を防ぐ

 

上記7つの項目を守っていれば、水の入れ替えが不要になります。

また、メダカが死んでしまうリスクが少なくなります。

 

次に、水槽内の「仕組み」について解説します。

①水槽に飼育水を作ります。

②飼育水を作る?とは「バクテリア」を多く住まわせることです。

水槽に入れる底砂にバクテリアが定着します。

③バクテリアは微生物で、メダカの糞や尿、エサの食べカスなどを分解してくれます。

分解された成分は水草の養分となり、水草が水中に酸素を放出します。

 

このようにして、バクテリアのお陰で水槽内が循環しています。

そもそもですが、

なぜ?水槽の水の入れ替えをしないといけないかというと、

メダカの糞や尿、エサの食べ残しによって水質が悪化してしまいます。

水質が悪化するから、水槽の水を入れ替えするんです。

 

しかし、水質が悪化していなければ?

水の入れ替えをしなくて良いのです。(o^―^o)ニコ

 

屋内でメダカを飼う時は、エアーレーションが必要になります。

このエアーレーションは、どんな役目をしているのか?

僕もそうでしたが、誤解している方も多いようです。

 

エアーレーションを設置し、エアーストーンから空気が出ます。

その空気が水面を揺らします。

水面が波打って揺れることで、空気中の酸素を取り込む面積が増えます。

 

つまりエアーレーションとは、

水面を波立たせ揺らせることで空気中の酸素を取り込みやすくするものだそうです。

 

そして、屋外でメダカを飼う場合、

なぜ? エアーレーションが不要なのでしょうか?

 

屋外で飼育する場合は、「風が吹く」と水面が波打ちます。

風で水面が揺れることで空気中の酸素を取り込む面積が増えるのです。

だから、エアーレーションが不要なんです。

 

エアーレーションには、他にも用途があるようです。

水中を循環させたり、油膜を出来にくくしたりする効果もあります。

 

ここまで書いてきたことを覚えておいていただくと、簡単に飼育が始められると思います。

 

水槽だとか、水槽用具は、100円ショップなどで代用品を買うと良いでしょう。

こちらは、100円ショップで買った容器です。

 

この容器には、水が3~4リットルほど入ると思います。

1リットルに対して1匹なので、3~4匹のメダカが飼えます。

 

底砂は、安い底砂で十分です。

底砂は「バクテリアの住処」ということで。

また、水草の養分にもなります。

 

その、バクテリアですが、

生き物を水槽に入れると、バクテリアが増えるようです。

新しく水槽を設置した場合バクテリアの数が少ないので、

こういったバクテリアを購入するという方法もあります。

 

そして水草です。

水草は、屋内飼育ですと「マツモ」が優秀でした。

ウィローモス、南米ウィローモスも優秀でした。

下記画像は、ウィローモスと南米ウィローモスを石に巻き付けたものです。

 

そしてエアーレーションです。

 

このように波打つことで、水面が揺れることで、水面の面積が広くなります。

空気が水面に当たったときに、空気中の酸素が水に溶け込むそうです。

 

そしてエサです。

メダカは雑食で、何でも食べるようです。

わが家のメダカ達は、「赤虫」が大好物です。

 

1回に与えるエサの量ですが、難しいです。

エサを与え過ぎると、水質が汚染されます。

 

僕の場合ですが、1回のエサで、メダカ2匹に与える量です。

*あくまでも目安です。

 

 

メダカの針子や稚魚にも、この赤虫を与えます。

針子や稚魚には、赤虫を指ですり潰して、細かくして与えます。

 

余談になりますが、「メダカには胃が無い」そうです。

メダカの他にも、鯉・フナ・金魚・サンマ・トビウオなどなど、

胃が無い魚を「無胃魚:むいぎょ」と呼ぶそうです。

 

メダカは、プランクトンなども食べます。

胃で消化しなくても良いようなエサを食べるから胃が不要なのでしょうね。

また、胃が無いから、よく食べるのかもしれないですね。

 

このような感じで、メダカ飼育を始めるのに初期投資はしない方が良いです。

ある程度は、100円ショップなどで用具が揃います。

実際にメダカを飼って、経験を積んでから水槽を買うといいでしょう。