メダカ飼育についての「持論」

僕の場合ですが、

メダカ達には、たくさんのエサを与えています。

・栄養のあるエサだとか、

・色揚げ用のエサだとか、

・美味しそうなエサ?だとか。(笑)

 

僕自身が「食べることが大好き」ですし、

メダカ達も、

「食べることくらいが楽しみではないだろうか?」と、

そのように思うんです。

 

また、エサを食べている時のメダカ達を観ていると、

とても心が和みます。

美味しそうに食べていますから。

 

メダカ飼育では、いろんな意見があるようです。

・メダカ水槽に水流は作らない方が良い

・水質が悪化するからエサを与え過ぎない

 

他にも、何だろう、ルールのようなものがあるようですが、

・わが家のメダカ水槽には、全ての水槽に「水流」を設けています。

・メダカにはたくさんのエサを与えます。

 

メダカ達を観ていると、水流に逆らって泳いでいます。

エアーレーションで遊んでいるメダカもいます。

また、水流が無い場所も設けています。

 

エサをたくさん与えますが、

「水質が悪化するからエサを与え過ぎない」

といった思考は僕にはない。

 

屁理屈をいうようで申し訳ないけど、

「便所が汚れるから食事の量を減らす」

と言っているようなものだなと思うんです。

 

水質が悪化するなら、水質をキレイにする工夫をすれば良い。

水質が悪くなるからといって、

メダカに食事をガマンさせるのは、人間の勝手じゃないのだろうか。

 

たくさんエサを食べて元気に育ってくれて、

水質が悪化したら、その都度、キレイにしてあげる。

それで良いんじゃないだろうか?と僕は思うのです。

そして、それを実行しています。

 

何だろう、

僕は食について、家族から酷い仕打ちを受けて育った。

メダカ達には、食べることで、ひもじい思いをさせたくない。

 

ただ、エサの与え過ぎで、

水質が悪化して、メダカが死ぬ場合がある。

そういう場合の、エサの与え過ぎは注意が必要です。

 

与え過ぎたと思ったら、

少し水を入れ替えてあげれば良いことです。

 

たくさんエサを食べる子は、やっぱり長生きします。

元気ですし。

 

「水質が悪化するから、エサを与えない。」

そういった飼い方は、僕には合わない。

餓死させるくらいなら、エサの食いすぎで死なせた方がって思う。

どちらも非建設的ですが。(笑)

 

インターネットでは、たくさんの情報が飛び交っています。

メダカ飼育に「これが正解だ!」なんて無いと思う。

 

育てる環境が違えば、育て方も変わって来るだろうし。

 

だから、自分がメダカと向き合って、

「メダカにとっての最善」を考えてあげると良いかなと思います。

他人の意見は参考程度にしておいて、

自分とメダカとの関係を大切にする。

 

 

僕は、メダカ達を「家族」と思って接している。