この季節は、メダカが育たない?

▽・ェ・▽ノ””コンバンワン♪

今日もダラダラ過ごしていました。(笑)

 

午後からメダカの卵を回収していました。

回収した卵を他の水槽へ移しました。

合計50個ほどの卵を回収しました。

こちらの水槽には、「雲州三色メダカ」と、

「楊貴妃半ダルマメダカ」が暮らしています。

 

雲州三色メダカです。

 

楊貴妃半ダルマメダカです。

 

水槽の中に、気孔石という石に「ウィローモス」と、

「南米ウィローモス」を釣り糸で巻き付けています。

 

 

取り出して、少し放置しておくと少し乾いてくれます。

 

乾くと、卵を発見しやすくなります。

 

 

目玉の形が出来ている卵もありますね。

メダカの卵は、指でつまんだくらいでは割れません。

とても固いんです。

 

回収した卵は、こちらの水槽へ移します。

卵専用の水槽なんです。

 

卵専用水槽で、メダカが孵化したら、

次はこちらの水槽へ移します。

 

メダカの容姿が確認出来るようになったら、

「選別」をします。

選別とは?

良い形のメダカ、良い色のメダカを選り分けることです。

良いメダカに育ったときは、こちらの水槽で繁殖させます。

 

そして、良くなかったメダカは、

こちらの水槽で、生涯を終えます。

こちらの水槽は、設備は万端なので、

メダカにとっては居心地の良い水槽になるはずです。

 

大体ですが、3日~4日に1度、卵の回収をしています。

先月も100個以上の卵を回収していましたが、

孵化率が低くて、孵化しても死んじゃったりしました。

 

自然界では、冬になるとメダカ達は「冬眠」をするそうです。

冬眠をするし、交尾なんてしないようです。

 

部屋の中で飼っていると水温が17℃とかです。

自然界よりも水温が高いから交尾をするのでしょうね。

これから寒くなると、もう少し水温が下がると思います。

 

そんなことで、

たくさんの卵を回収しているのですが、育たないんです。

今、メダカの稚魚が20匹ほどいます。

言い換えると、この時期に生き残ったメダカは、

生命力の強いメダカかもしれませんね。

 

メダカの「繁殖期」というものがあって、

春から秋にかけてが繁殖期になるようです。

そして、冬には冬眠をします。

 

部屋の中で飼っている場合は、冬眠はしませんね。

水温が温かいですからね。

数年前は、水槽にヒーターを入れていました。

年中、同じ水温にしていたのですが、

去年からヒーターを撤廃しました。

 

より、自然界に近い環境で育てようかなって。

 

そして、今年の春くらいから、

新しい品種のメダカを購入して、繁殖させてみようと思います。

ダルマメダカという品種は、

「水温が28℃以上」だと生まれやすいそうです。

ヒーターを使って、水温を28℃以上に設定し繁殖させれば?

狙った品種のダルマメダカが誕生するかも?

 

実験がてらに、そのような事をやる予定です。

 

ダルマメダカは、とても可愛いです。

可愛いのですが、飼育が大変かも?

僕が今飼っているダルマメダカは、

たまに転覆することがあります。(笑)

 

小さくて、プクプクしているので、常に水面に浮かんでいます。

プクプクしているから潜れないんです。

僕がエサを上げようとした時、喜んで近寄ろうとします。

ヒレをバタバタさせていると、転覆するんです。

溺れるんです。(笑)

 

もう少し大きくならないと、しっかり泳げないかも。

 

ダルマメダカよりは、

半ダルマメダカの方が素早く泳げます。

ダルマメダカより、少し体長が長いですから。

 

早く春になるといいなって。

春が待ち遠しいです。

 

商売上手な方でしたら、メダカ販売とか面白いかも。

ペットショップで売っているメダカは、

僕の経験上ですが、あまり良いメダカはいませんでした。

 

それよりも、

メダカを繁殖されている方から直接買う方が良いと思います。

 

また、メダカを趣味で飼っていて、

メダカの卵を、知り合いにプレゼントするだとか。

メダカ飼育は、それほどお金がかからないと思います。

 

メダカ飼育の楽しさは、

育ったメダカが産卵し、孵化して、成魚になります。

成魚になると産卵します。

そうやって、子孫を残して行く様子を観れるのが嬉しいです。

また、色鮮やかなメダカに飼育するのも楽しいです。

 

品種改良もできますしね。

メダカ飼育は、とても面白いです。