【メダカ】 稚魚が避難出来るスペースを作ってみた!

スポンサーリンク

 

11月になっても、メダカ達が産卵してくれています。

水槽の中に「産卵床」を入れていますが、全ての卵を回収するのは難しいです。

それで、回収しきれなかった卵から、孵化した稚魚達のシェルターを作ってみました。

シェルターといっても、網で仕切りを作っただけですが。(笑)

このような「底鉢ネット」を使います。

 

Amazonで購入しました。

画像出典:Amazon

 

こちらの水槽に、底鉢ネットを取り付けます。

 

底鉢ネットを、切って入れただけです。

このスペースに、生まれたてのメダカの稚魚が逃げ込むんです。

 

別の水槽にも、底鉢ネットを入れてみました。

 

そもそも、こういったシェルターを作る理由ですが、

親メダカは、メダカの卵を食べたりします。

また、メダカの稚魚を食べたりするんです。

それで、せっかく生まれた稚魚達を守るためにシェルターを作るんです。

卵を回収して、別の水槽で孵化させてあげるんです。

 

メダカを増やしたい場合は、卵を他の水槽へ移した方が安全です。

メダカを増やすつもりがないなら、そのままで良いと思います。

メダカの稚魚達が、メダカのエサとなりますからね。

ちょっと複雑な気持ちになりますが。(*´Д`*)