劣等感

 

 

車イス生活が始まって強烈な劣等感を味わった

 

周りの人達からの憐れみの眼差しが痛かった

励ましの言葉が痛かった

 

他人と自分を比較すると情けなくなった

他人と自分を比較すると悔しかった

 

だから健常者にも出来ないような事をやった

「頑張って!」と言われないようにした