「白濁り」で汚れた採卵床

今日の奈良県は「ボチボチな天気」です。

関西弁の「ボチボチ」という言葉の意味は、

「まぁまぁ」って感じの意味になります。

 

さて、メダ活です。

午後の、水温は19.8℃でした。

 

そろそろ20℃を超えてくるでしょうね。

ちなみに、部屋の温度が31℃ありました。

31℃の部屋で、扇風機も使わずに筋トレをやっていました。

いい汗をかいた。(*´Д`*)

 

筋トレを終え、今日、最後のエサやりをしました。

水槽に近づくと、

メダカ達が「はやくちょうだい!」とせがんでいます。

 

この起きな水槽には、色んな生き物が暮らしています。

メダカ、イエロー・チェリーシュリンプ、コリドラス、サイアミーズ・フライングフォックスなど。

 

水槽を見ていると、採卵床が汚れていました。

かなり汚れています。

 

そっと取り上げて、汚れを落としておきました。

すごく汚れていました。

 

来月は、水槽の大掛かりな定期メンテナンスを行い予定です。

水槽のリセットや、新規水槽立ち上げなど。

今月は、コレといってやることがない。(笑)

水槽廻りの掃除くらいかな。

 

話は変わって、

「メダカ飼育の魅力って何ですか?」と、よく聞かれることがある。

そういう質問をする人って、大体の人がメダカに興味がない。

興味がないから、そういった質問をするのでしょうし。

 

僕の場合の、メダカ飼育の魅力は、

「自己満足」であり、

「共存する喜び」を感じれるところかな。

 

僕の場合は、

メダカは「ペット」という認識よりも、

「家族」という認識に近いです。

 

また、メダカ飼育の魅力なんて、

人それぞれ魅力の感じ方が違いますからね。