【切手】ついに「月に雁」をゲットした!

今日、わが家に「月に雁」がやって来ました♪

ペイペイフリマで購入した切手です。

*小さい方の切手は「おまけ」で頂いた切手です。

 

 

このような形で届きました。

 

おまけのきっては「文化人シリーズ」の切手になります。

 

 

おまけにしては、値段が高いように思います。

カタログの価値では1,800円となっていますから。

 

 

やっと手に入った子供の頃の夢、憧れの切手。

 

小学3年生の頃に切手収集に目覚め、

小学4年生の頃からサッカー三昧になって切手収集が終わった。

 

あれから40年。

 

つい最近、ボロボロの切手アルバムを整理していると、

子供の頃の夢、憧れを思い出した。

 

気が付いたら切手カタログを買っていた。

 

切手カタログを見ていると、堪えられなくなってきた。

 

子供の頃と違って、今はネットで切手が買える時代。

古い時代の、美品の切手が安価で購入できる。

 

メルカリや、ペイペイフリマといったサイトでも、

安価で切手が買える。

 

51歳になって、またもや切手収集にハマってしまった。

 

とりあえず、ボロボロでもいいから2枚の切手が欲しかった。

その2枚が「見返り美人」と「月に雁」でした。

 

 

この2枚が揃って、なんだか力が抜けた感じです。

安堵感というかね。

 

切手収集って、切手収集をやっている方が引退し、

引退した人が、切手収集に目覚めた人にバトンを渡す。

 

そういった楽しさというか、趣味を共感出来るところも、

切手収集の魅力の1つではないでしょうか。

 

切手に魅力を感じない人に、見返り美人を見せても反応は薄い。

しかし、切手に魅力を感じる人に見返り美人を見せれば?

共感し合えるし、変な仲間意識も芽生える。

 

余談ですが、

見返り美人というと、研ナオコさんの歌が頭の中に流れる。

「tokyo見返り美人」という歌を。( ´艸`)