人生を「つまらなく」させているものって?

昨日、あるYouTube動画を観ていました。

心理カウンセラーさんの素敵な動画です。

動画のテーマは、

やってはいけない「人生がつまらなくなること」です。

 

人生を楽しくするためには、楽しい事をするのではなくて、

「人生がつまらなくなる原因を取り除く」ことが秘訣だそうです。

 

動画の中には、

人生をつまらなくする5つの習慣があるといいます。

①関心の輪に目を向けている。

②マンネリ

③愚痴や文句が多い友達

④手を抜く

⑤ネガティブな言葉

 

このような5つの習慣が、

自分の人生を「つまらなく」させているようなんです。

 

①の「関心の輪に目を向けている」というのは、

例えば夜遅くまでスマホを見て無駄な時間を消費することです。

じゃあ、どうすればいいのか?

答えは、

「影響の輪」に時間を使う習慣を身につけることです。

 

影響の輪というのは、

夜遅くまでスマホを観ていないでサッサと寝る。

早起をきして散歩をしたり読書に時間を使う事です。

 

簡単にいうと、

無駄なことに時間を浪費するのではなくて、

自分のスキルが向上するような、

上手な時間の使い方をすることだと思います。

 

②の「マンネリ」は、その言葉通りで、

マンネリ化してきたら、

「やった事のないこと」にチャレンジするのが良いそうです。

 

③の「愚痴や文句が多い友達」というのは、

幸福度が低い人達と関わらないようにする事だそうです。

そういう友達を断捨離すると良いそうです。

 

また、幸福度は「感染」するようなんです。

幸福な生活をしている人と関わると、それが「感染」するんです。

その逆もあるってこと。

 

常日頃から、愚痴や文句を言う人と一緒に居ると疲れます。

そういう人と距離を置いて、関わらないようにする事です。

そして、心の豊かな人と関わるようにすると、

自分の心までも豊かになるようなんです。

豊かさが「感染」するのでしょう。

 

④の、「手を抜く」というのは、

手を抜いた方が楽だと思いがちですが、

手を抜いた方が、実は、しんどかったりします。

 

何事も同じなのですが、

例えば、サッカーの試合を「手を抜く」とどうでしょうか?

手を抜いた試合を観ていても面白くありません。

選手が本気で戦うから、観ていて興奮するんです。

 

仕事も同じで、

ある程度の仕事を覚えたからといって、

手を抜いて仕事をしていると、仕事が「面白くなくなる」ようです。

自分が今、やっている仕事に誇りをもって、

更なる向上心を持って仕事に打ち込んで、

「その道のプロ」になるくらいの「本気」で取り組むと、

人生が楽しくなるようです。

 

仕事がつまらないのではなくて、

てきとうな仕事をしているから、つまらなくなるんです。

本気で仕事をしているから、仕事が楽しいのです。

 

⑤の、「ネガティブな言葉」ですが、

ネガティブな言葉を多用している人を見てどう思いますか?

「私には無理です」・「社会と関わりたくない」

何だか、こちらまで心が重たくなってしまいます。

 

ネガティブな言葉を使いそうになってしまったら、

言葉を変換すると良そうです。

 

「私には無理です」と思った場合は、

「どうすれば出来るようになるだろうか?」と言い換えるんです。

 

「社会と関わりたくない」と思った場合は、

「どうすれば社会と折り合いがつくのだろうか?」と言い換えるんです。

 

こういった内容の動画で、凄く解りやすかったです。

この、人生をつまらなくさせる5つの習慣から、

新しい習慣に変更するだけで人生が楽しくなる。

 

悪い習慣を「やめる」のではなくて、

新しい習慣を「はじめる」と良いと思います。

新しい習慣を始めると、悪い習慣を「やらなくなる」と思います。

 

僕の、下手な説明よりも、

実際の動画を観て頂いた方が良いと思います。

心理カウンセラーの「ラッキー」さんの動画です。

 

絶対やってはいけない!人生がつまらなくなること・5選