【楊貴妃半ダルマメダカ】 すくすくと育っております!

メダカの飼育歴が3年目となりました。

やっと飼育スタイルが安定してきました。

僕は賃貸マンションで暮らしていて、部屋の中でメダカを飼っています。

 

部屋の南側に窓があって、今の季節は太陽光が入って来ます。

窓際に設置している、左端の水槽(容器)には「楊貴妃半ダルマメダカ」がいます。

あと、稚魚用の水槽(容器)が2つあります。

 

楊貴妃半ダルマメダカというのは、体長が短い楊貴妃メダカになります。

また、楊貴妃メダカというのは、普通のメダカを朱色に改良したメダカです。

楊貴妃メダカという品種を作った方がいるんです。

メダカ村の村長をされている「大場幸雄さん」が改良されたそうです。

出典:普通の人のすごい事

 

大場さんが改良されたメダカに、「信長」という品種がいます。

価格が1匹100万円だとかどうとか。(;゚Д゚)

画像出典:めだかの館

めだかの品種一覧(2001~2011) ~楊貴妃、幹之の誕生~

 

僕も改良メダカにチャレンジしているんです。

春になったら、色んな種類のメダカを購入する予定です。

 

僕が飼っている楊貴妃半ダルマメダカを紹介しますね。

楊貴妃半ダルマメダカが6匹と、黒ダルマメダカが2匹います。

 

 

 

 

 

楊貴妃半ダルマメダカの中に、少し黒い色が出ている個体がいます。

春になったら、この子と、ラメが多いメダカを交配させてみます。

 

 

メダカ飼育の魅力はたくさんあります。

その中でも、「名付け親」になれることが最大の魅力なんです。

改良メダカで、新しい品種を作った場合、

自分でメダカの名前を付けることが出来るんです。

 

冬場は、メダカ達の「冬眠時期」になります。

春になると、メダカ達が繁殖期が始まります。

春が待ち遠しいです。(o^―^o)ニコ