水がきれいになる「砂利型ろ過材」を使ってみた!

こちらの水槽は「メダカ水槽」になります。

外部フィルターと、外掛け式フィルターを設置しています。

 

最近、水槽のニオイが気になってきたので、

外部フィルターに使っている「ろ過材」を交換しました。

こちらがAmazonで買ったろ過材です。

 

出典:Amazon 寿工芸 ろかジャリ 2L

 

外部フィルターを取り外して、ろ過材を交換します。

 

ろ過材を、使う分だけ「水きりネット」に入れます。

 

このろ過材は、水質が「アルカリ性」を好む生態には向かないようです。

しかし、僕の水槽は、水質を「弱アルカリ性」に傾けています。

イエロー・チェリーシュリンプや、ヒメタニシ、メダカなど、

色んな生態を混泳させていますので、弱アルカリ性が合っているようです。

 

ということで、

ろ過材を入れて水質が変わる恐れがあるので、

水質を弱アルカリ性に傾けるために「カキガラ」を入れています。

 

このカキガラは、

水質が酸性に傾くとカキガラが溶けて、カルシウムを放出します。

カルシウムが放出され水質がアルカリ性に傾く仕組みなんです。

 

今回、使ったろ過材の用途は「ニオイ取り」です。

水槽のニオイを取りたくて使ったんです。

 

Amazonで商品の詳細を確認する場合はコチラから。

 

楽天で商品の詳細を確認する場合はコチラから。