【切手】第2次国立公園シリーズ 52種類コンプリート!

こんばんは!( ゚▽゚)/コンバンハ

今日は出掛ける用事がありました。

奈良県はとても寒い1日でした。

 

夕方に家に帰るとポストに封書が入っていました。

ペイペイフリマで注文していた切手が届いたんです♪

僕にとっては「クリスマスプレゼント」みたいな感じ。

ああ、でも自分で買った切手だからね。( ^∇^)キャキャキャ

 

子供の頃にも集めていた切手で、

「第2次国立公園シリーズ」という切手です。

 

全部で52種類の切手があります。

その52枚全てをゲットしました♪

 

切手カタログと同じ順番に、切手アルバムに入れていきました。

 

第2次ということは、

そうなんです、第1次国立公園シリーズもあるようです。

また、そちらは追々あつめて行きたいと思います。

とりあえず、今回はまとめて52枚全種類を販売されていたので購入しました。

1枚ずつ集めるとなると、また大変ですからね。

 

あと、念願の「月に雁」も購入しました。

数日後に届くと思います。

程度の良い物が安価で入手できました。

 

僕が小学3年生の頃、切手ブームが終わろうとしていました。

そんな中でも、僕はほぼ毎日のように切手ショップに通って、

「見返り美人」と「月に雁」を眺めていたんです。

当時、どちらも8,000円~20,000円ほどだったかな。

眺めるしかできなかったけど、それも楽しみの1つでした。

 

それが、時を経て僕の手に届くのです。

(;゚∀゚)=3ハァハァ

 

こちらが、先日購入した「見返り美人」です。

 

切手を手に入れた喜びを例えるなら?

例えばですが、

ルイヴィトンの長財布を頑張って買ったような気持ちです。

「ブランド物の財布を持っている!」といった自負というか満足感。

 

ルイヴィトンの財布を持ち歩いていると優越感がありますが、

さすがに見返り美人を持ち歩く人はいないでしょうね。

そんな人いたら変態ですよね。(笑)

 

また、意外なことに、

見返り美人を手に入れた途端、見返り美人を見なくなりましたね。

手に入れるまでは、毎日のように見ていたのにね。

飽きたわけではないんですよね。

手放したくないしね。

 

切手収集っていうのは、

欲しい切手を手に入れるまでの「過程」が楽しいのかも。

手に入れてしまうと、もう努力する必要がなくなりますからね。

ってことは、努力することが楽しいのかもしれないですね。