自分の品性を磨いて、完成した人間を目指してみたい!

スポンサーリンク

 

僕の余生は、そんなに長くない。

あと10年も生きれたら、僕としては満足です。

その10年の人生で、品性を磨き、肉体を鍛え、

「完成した人間」を目指してみたいと思います。

 

完成した人間といっても、目標とする人物がいません。

それで、自分の品性や肉体を鍛えることで、

完成した人間になれると想定してみます。

 

・品性を磨くのは、まず、アドラー心理学を学ぼうと思います。

・肉体を鍛えるのは、筋トレで鍛えれます。

 

この2つを続けて、余生の10年を有意義に暮らしたいと思います。

こうした目標があると、毎日の生活に張り合いが出ます。

目標があるから、努力が出来ます。

努力すると、思考が向上して行くと思います。

 

僕は、アドラー心理学が好きです。

好きだからこそ、本を買って読んでいるのでしょうね。

僕は、心理学というものに興味があるのでしょうね。

 

あと、肉体を鍛えることも、好きなんでしょうね。

ただ、肉体を鍛えているだけではなくて、

ストリートワークアウトの「技」を極めているんです。

 

ストリートワークアウトには、たくさんの「技」があるんです。

その、1つ1つの技をマスターしているんです。

 

ストリートワークアウトの技を極めていると、

おまけで筋肉が付いただけの話しなんです。

 

僕は、筋トレって好きではないんです。

ストリートワークアウトが好きなんです。

ストリートワークアウトをやっていると、筋肉が付いたんです。

 

だから、

・好きな本を読んで品性を磨けて、

・好きなストリートワークアウトをやって肉体が鍛えられている。

好きな事をやっていて、完成した人間に近付けているだなんて、

本当に喜ばしいことです。

 

これが、

品性を磨くだとか、肉体を鍛えるだとかが、嫌いな人も多いです。

そういう人が、修行感覚で品性を磨いて、肉体を磨くと、

苦痛でたまらないでしょうね。

 

しかし、品性を磨くだとか、肉体を鍛えるだとかが嫌いな人でも、

何かの影響を受けて、

品性を磨くだとか、肉体を鍛えたいと思う事もあるでしょう。

「自分も、あんな人間になりたい!」

と思う事もあると思うんです。

 

人は、自分の興味があることに対しては、

自発的に、自主的に目標に向かって努力出来ると思います。

 

やる気のない人に、「がんばれ!」というのは、

あまり賢い応援ではないと思うのです。

 

やる気のない人なんだから、放っておくと良いんです。

その人が、やる気になった時に、応援すれば良いんです。

 

その人が、やる気を起こすには?

何かしらの刺激・影響・興味がないといけないんです。

それを提供すれば、

相手は刺激を受けて、影響を受けて、興味を持つと思うんです。

 

言葉と行動で見せれば、相手に響きやすいと思います。