「明治時代の切手」 菊切手3銭が手に入りました♪

おはようございます!(*゚ー゚)vオハヨ♪

今朝の奈良県は、晴れたり曇ったりな天気です。

暖房を消すと少し肌寒いです。

 

さて、昨日は良いことがありました。

昨日は出掛ける用事があって、帰宅すると郵便物が届いていました。

注文していた切手などが届いたんです♪

 

欲しかった切手が、やっと届いたのです♪

 

こちらの切手になります。

明治時代の切手で「菊切手3銭」という切手です。

 

汚れなどが目立ちますが、気にしていません。

とにかく古い切手が欲しかったんです。

状態が良い古い切手は、値段が高いので手が出ません。

ということで、

安価で未使用の古い切手を物色していました。

 

こういった切手カタログを見ながら、切手を楽しむんです。

 

購入した切手の販売枚数だとか、価値だとかを調べます。

 

近視で老眼な僕には、切手に書かれている文字が見えません。(笑)

カタログの字も読めません。(笑)

ってことで、

ドラえもんに頼んで便利なグッズを出してもらった♪

「スタンドルーペ」です。

 

これのどこがスタンドなんだ?と思うでしょうね。

このルーペは変身するんです。

 

おまけにライトまで付いています!

 

はい、便利なグッズの紹介でした。

 

いやちがう!

菊切手の紹介です!

 

この菊切手は、メルカリで購入しました。

価格が800円でした。

汚れなどがなくて、状態が良い物でしたら?

カタログ価格で4,000円ほどの価値があったようです。

使用済みで50円の価値ですね。

 

こういった古い切手でも、販売枚数が多ければ価値が低くなるようです。

逆に、新しい切手でも、

販売枚数が少なければ「希少価値」が出るそうなんです。

 

古くて、販売枚数が少ない切手はウハウハなんです。

かなり高値で取引されるようです。

 

世界初の切手が、イギリスの「ペニー・ブラック」という切手です。

ペニー・ブラックは、

オークションでは「億単位」の取引になるようです。

 

日本の有名な高額切手に「桜切手20銭」があります。

1872年に発売された切手で、カタログ価格が「2千5百万円」です。

 

こんな高額切手は、僕には買えません。(笑)

メルカリなどのフリマで、古くて安価な切手を探すのが楽しいです。

 

ちなみにですが、

郵便切手を趣味とする方々のことを「郵趣家:ゆうしゅか」と呼ぶそうです。

 

時代は繰り返すといいます。

東京オリンピックをきっかけに切手ブームが始まった。

しかし、20年ほどで切手ブームが去ったのでしょうかね。

僕が小学3年生の頃(1978年くらい?)には、切手ブームが終わっていました。

 

切手ブームが終わっていたので、親戚のお姉ちゃんが僕に切手をくれました。

たくさん切手をもらったので、僕の切手ブームが始まったんです。(笑)

そして小学4年生になり、サッカーを始めたと同時に切手から離れました。

 

あれから40年~

 

ボロボロの切手アルバムが出てきたので整理していました。

整理していると血が騒いで来ました。

 

新しい切手アルバムを買って整理しました。

 

懐かしくなって来て切手カタログも買ってしまった。

 

切手カタログを見ていると、子供の頃に欲しかった切手があった。

 

メルカリなどのフリマで検索すると安価で提供されていた。

 

迷わずクリック!

 

左が「月に雁」、右が「見返り美人」です。

この2点の切手が、子供の頃に憧れていた切手でした。

 

子供の頃に憧れていた切手が手に入った。

それはそれは嬉しかった。

懐かしさと、嬉しさと、何だろう・・・

 

中学生の時に好きだった和美ちゃんと再会したよう気分だ。

 

和美ちゃんって誰やねん!ってね。(笑)

 

そんなことで、

切手ブームが再来すると思います。

 

同じ趣味で共感しあえる仲間が増えたら嬉しいです。

 

 

こちらのルーペは便利です。

Amazonで購入しました。

興味のある方は参考になさってください。

 


PhoenixLoupe 手持ち スタンドルーペ【倍率3倍&10倍】2種類レンズ/LEDライト付き 拡大鏡 ルーペ