「蚊とり」でメダカが死んだ

昨日の朝、雲州3色メダカの種親達の様子が変でした。

「中毒症状」を起こしているような感じでした。

そして、夕方には2匹、死んでいました。

 

死因は「アースノーマットを使用した」ことによる中毒症状だと思います。

あくまでも、僕の主観であり、

死因にアースノーマットとの因果関係がないかも知れません。

 

アース製薬のホームページに記載されている内容を抜粋しました。

 

「アースノーマットシリーズに関するよくあるご質問」

質問:ペット(犬や猫など)や観賞魚がいる部屋で使っても大丈夫?

回答:犬・猫・ハムスター・小鳥などのペットや観賞魚がいる部屋でも、ご使用いただけます。

ただし、閉めきった部屋や狭い部屋で使用する場合は、ときどき換気をしてください。

出典:アース製薬 アースノーマットシリーズに関するよくあるご質問

 

「閉め切った狭い部屋で使用する場合は、ときどき喚起をしてください。」

このように注意が促されています。

そうなんです、僕がアースノーマットを使用した日は蒸し暑くてね。

「部屋を閉め切って」エアコンの「ドライ」を使用して湿度を下げていました。

夜から朝までの8時間ほど、

「閉め切った部屋でアースノーマットを使用」したんです。

 

そして、その朝、メダカ達の様子が変だったんです。

中毒症状を起こしたような泳ぎ方をしていたんです。

夕方に2匹、死んでしまいました。

 

ということで、

アースノーマットを使用する際は、必ず「換気」をすることです。

網戸にして窓を開けておくだとか、こまめに空気の入れ替えが必要です。

 

というか、

閉め切った部屋でアースノーマットを使用したらメダカが死んだ。

やはり、メダカを殺傷するような成分が含まれているのでしょうかね。

 

だとすると、

アースノーマットを使用するたびに、

多少なりの毒素が水槽内に入り込んでしまうのでしょうね。

 

その毒素が蓄積されていくと、

メダカの体に異変が起きて、丈夫な卵を産めなくなるかも???

 

昨日は、網戸にして窓を開けたままアースノーマットを使用しました。

今朝、メダカ達の様子をみると、元気でした。

エサを与えても、喜んで食べていました。

 

窓さえ開けて、換気していれば、

アースノーマットを使用していてもメダカはしなないけど、

窓を閉め切った状態でアースノーマットを使用すると、

メダカが死んでしまったという実例が出来てしまった。

 

そこで、考えました。

水槽の上に、段ボールでもかぶせて、

「アースノーマットを水槽内に入り込まないようにしたらどうだろうか?」

それも、毎日のことになるから大変ですよね。

 

それとですね、

昨日、死んだのは雲州3色メダカの種親水槽だけでした。

他の水槽のメダカ達は、何の変わりもありませんでした。

 

一体、それはどういうことだろうか?

検証してみました。

こちらの水槽には被害がありませんでした。

*水槽上部の面積が狭いです。

 

こちらの水槽にも被害がありませんでした。

*水槽上部の面積は、比較的に狭いです。

 

そして、こちらの水槽のメダカだけが死んでいました。

*水槽上部の面積が1番広いです。

 

ということは、

水面の面積が広いほど、

アースノーマットの成分が混入しやすかったのでしょうかね。

 

どちらにせよ、

アースノーマットにも、メダカを殺傷する成分が含まれているのでしょうね。

窓を開けて換気すると、その力が弱まるだけで。

 

1番安全なのは、

「手で叩いて蚊を殺す!」

これですね。