「角型タライ」 新規水槽を立ち上げました!

 

注文していたソイルが届きました。

ということで、水槽の新規立ち上げ作業をやりました。

 

今回、立ち上げる水槽は「角型タライ」という代物です。

安価で、使い勝手の良い大きさです。

 

角型タライのスペックを紹介しておきます。

出典:鈴木製作所角型タライ

 

 

こちらの水槽は「底面フィルター」を使用します。

エアーリフト式で使用します。

 

サクッと、「ブルカミアG」を入れます。

4キロ全て入れました。

 

ブルカミアGの上に、黒いソイルを少しずつまきました。

水底を黒くし、水槽全体を黒くします。

メダカの「色揚げ」のために黒くしたんです。

 

汲み置きした水を入れます。

*カルキ抜き剤も入れました。

 

水面を波打たせるようにしています。

空気中の酸素を取り込みやすくするためです。

 

こちらは「カキガラ」です。

黒いソイルは「弱酸性」の水質に傾くので、

カキガラを入れて、水質を「弱アルカリ性」へと傾けます。

一応、ブルカミアGも、水質を「弱アルカリ性」に傾けてくれます。

 

一応、立ち上げました。

イエロー・チェリーシュリンプや、ヒメタニシも混泳させます。

 

早速、メダカ達を入れてあげました。

せっかくですから、「選別」してみました。

雲州3色メダカの稚魚で、

・元気な個体 ・色鮮やかな個体 ・ダルマ体形の個体など、

38匹を選別して水槽へ入れてあげました。

 

60匹近くの雲州3色メダカの稚魚は、こちらの水槽で育てて行きます。

 

こちらの水槽は、底面フィルターを撤去しました。

水を抜いて、この水槽は破棄します。

 

そして、もう1つ、角型タライ水槽を購入する予定です。

主に「繁殖専用水槽」として使用する予定です。