今日は通院日、どんな1日になるでしょう?

今日は通院日です。

いつものように、早朝2時に起きて準備をしています。

 

みなさんは「通院日」ときくと、

「大変」だと思われるでしょうね。

 

しかし、今の僕は、それほど大変ではありません。

病気を発症した当初は、

大変で大変でノイローゼになるほどでした。

 

病気を発症し、注射の恐怖と痛み、

人間関係でも悩みも出て来るし、

僕にとって通院日は「踏んだり蹴ったりな1日」でした。

 

今では、通院日は「体をケアする日」と気楽な気持ちでいます。

この心の変化の原因は???

 

一言でいうと「慣れ」だと思います。

 

通院生活に慣れました。

そして、体調管理をしました。

 

僕の場合ですが、

体調管理さえしていれば、人工透析を受けていても元気です。

*体調管理をしていても、体調が優れない人もいます。

 

通院日を、どのように意識するか?

それで1日の印象・感想が変わってくるかも。

 

慢性腎不全になった僕は、

いくら努力しても病気は治らないようです。

実際に、この5年間、いろいろと努力しました。

やっぱり、病気は治らないようです。

 

治らないのなら、

治らない病気に「慣れた方が良い」と思います。

病気を治すのを「あきらめる」という選択肢もある。

 

サッサと諦めて、病気に慣れて、通院生活にも慣れて、

その生活の中で「楽しみ」を見つけると幸いだと思います。

 

僕は最近、社会に感謝が出来るようになって来ました。

それは、「心に余裕」が生まれたからです。

 

心に余裕が生まれた原因は?

筋トレと、自己啓発書を読んで品性を磨いたからです。

 

筋トレをやって筋力が付いて健康的になった。

健康的な生活習慣になりました。

運動をすることで脳が活性化し、

自己啓発書等が、スラスラと頭に入るようになった。

 

そうすると、心と肉体が元気になった。

心と肉体が元気になって、余裕が生まれた。

 

余裕が生まれると、自分の事だけではなくて、

他人の事も考えることが出来るようになった。

 

他人のことを考えると、他人に優しくなれた。

 

他人に優しくすると、

その他人が、僕に優しくしてくれるようになった。

 

他人から優しくされると、やっぱり嬉しい。

 

嬉しい気持ちになると、

他人への感謝の気持ちが湧いてきた。

 

いろんな人に優しくすると、

いろんな人達から優しさが返って来た。

 

そうなると、何だか人生が楽しくなってきた。

 

中には、

親切にしても裏切る人もいる。

優しくしても冷たく返される人もいる。

それは、「それだけの人」と思えば良いみたい。

 

冷たくすれば、冷たく返されるのは自分ですから。

 

そんな事で、今日の通院日を、

良い日にするのも、悪い日にするのも、

自分の思考次第で変わるはず。

 

僕の場合ですが、今日の通院日では、

・人に優しく接しようと思う。

・人に親切に接しようと思う。

・人に温かい話し方で接しようと思う。

 

そうすれば、良い日になるはず。

 

人に優しく接すると、

それが自分を大切にすることでもある。

 

他人に冷たい態度を示すから、

自分も冷たい態度をとられるんです。

 

自分を大切にしたいなら、

他人を大切にする事だと思います。

 

言い換えると、

他人に冷たくする人は、

自分自身をも冷たくしているのだと思います。

 

自分の事が大切じゃないのかも。

 

本当に素敵なことは、

「見返りを求めないで愛情を注ぐこと」だと思います。

 

今日の通院日で、

見返りを求めず、他人に優しく出来たら幸いです。