「雲州三色メダカ」稚魚の観察用水槽!

 

みなさん、▽・ェ・▽ノ””コンバンワン♪

今日の奈良県は暖かかったと思います。

雨が止んでいたので、朝から銀行へ支払いに行き、

ちょっとしたロードワークっぽい事をしました。

 

さて、わが家には「雲州三色メダカ」という品種のメダカがいます。

オス3匹、メス2匹です。

今回、雲州三色メダカを増やそうと思っています。

50匹くらいの稚魚の誕生を望んでいます。

 

雲州三色メダカの、稚魚達の様子を観察したくて、

小型の観察用水槽を作ってみました。

 

使用する容器は、

100円ショップ等に売っている「ショーケース」です。

フィギュア等を飾るケースです。

 

メダカは「体色を変える」ことが出来るようです。

水槽の壁が黒い方が、体色が鮮やかになるようです。

また、赤いエサを与えると、メダカの体色が赤くなるようです。

 

それで、小型水槽の壁を「黒いテープ」を貼って黒くしました。

 

 

 

他の水槽から飼育水を汲んで入れました。

 

また、「カキガラ」という牡蠣の殻を一緒に入れました。

カキガラが溶け出すと水質が「弱アルカリ性」に傾きます。

水質が「弱アルカリ性」ですと、メダカの体色が良くなるようです。

 

あと、イエロー・チェリーシュリンプ1匹と、

ヒメタニシを1匹、水槽に入れてあります。

 

 

水槽浸かっている底砂は「ブルカミアG」です。

水質を弱アルカリ性に傾けてくれる底砂です。

 

 

 

このような、小型水槽ですが水質は万全だと思います。

今、この小型水槽には卵が約20個入っています。

 

今、卵を産んでいる雲州三色メダカ達は、世代でいうと、

「3代目」の雲州三色メダカになります。

そして、生まれてくる子供たちは「4代目」になります。

 

「1代目」は、ペットショップで購入しました。

 

いろいろと、エサも変えてきましたが、

雲州三色メダカの体色は、それほど良くありません。

1代目の雲州三色メダカの体色が、

あまり良くなかったのが影響しているのでしょうかね。

まあでも、コツコツと体色の良い子に育てて行きたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
雲州三色めだか
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアして頂けたら嬉しいです♪
スポンサーリンク
日本ブログ村
にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
人気ブログランキング

【奈良メダカ本舗】 メダカ飼育ブログ