「黒っぽいヤツ」と「ダルマ」

 

今日の奈良県は「曇り・時々雨」といった天気です。

出掛ける用事がなく、家で筋トレをやったりメダ活ったり。

 

窓際で育てている「雲州3色メダカ」の針子・稚魚達が大きくなって来ました。

二つのタライで育てていて、

50匹くらい+50匹くらい=約100匹ほどいます。

 

稚魚達を観ていると、ひときわ黒い稚魚がいます。

 

多分、下記画像のミックスラメの子供だと思います。

 

黒っぽい稚魚が気になって気になって、捕まえてみました。(笑)

 

透明のケースに入れると、体色が薄れてしまいました。

このまま黒っぽく育つのか?赤い色が出て来るのか?

もう少し大きくなると体色がハッキリすると思います。

 

そして、小さな可愛いメダカも捕まえてみました。(笑)

「ダルマメダカ」だと思います。

普通のメダカよりも、体長が短いメダカなんです。

 

このダルマの種親は、

こちらの「雲州3色半ダルマメダカ」たちだと思います。

 

稚魚の中には、ダルマメダカや、半ダルマメダカが数匹いました。

水温が30℃くらいになると、ダルマメダカ等が生れる確率が高くなるようです。

夏の暑い季節は、ダルマが生まれやすいでしょうね。

ヒーターを使ってまで、ダルマを増やそうとは思いませんが。

 

過去に、何匹かダルマメダカが生まれました。

その中の2匹ほどが、「転覆病」というのでしょうか、

お腹が膨らんでしまって、転覆ばかりして、

まともに泳ぐことが出来ませんでした。

その様子を観ていると、心が痛くてね。

 

なので、僕としては、ダルマ系のメダカを作ろうとは思わなくなりました。

偶然、生まれてくれたら?

他のメダカと同じように大事に育てます。