飼育水を植物栽培に活用!

 

おはようございます!

今朝の奈良県は「ボチボチな天気」です。

晴れたり曇ったりな1日になるようです。

 

さて、メダ活です♪

今朝の水温は17.5℃でした。

 

針子用水槽から、稚魚サイズに育った子を移動させ、

稚魚の数が40匹となりました。

 

 

本題ですが、飼育水を植物栽培に活用しています。

飼育水を汲んで、植木鉢に注ぐ。

左端がアロエベラで、右側の3つがアデニウム・アラビカムです。

 

飼育水ですから、かなり栄養満点な水だと思います。

メダカの飼育も楽しいですが、植物栽培も同じくらい楽しいです。

 

僕の場合ですが、

植物を育てる時も「種」を蒔いて育てています。

種を蒔いて、しばらくすると発芽します。

成長し花を咲かせ、種を残します。

その種を、また蒔いて育てるんです。

 

針子が誕生した時の喜びと、

蒔いた種が発芽した時の喜びは同じくらいです。