「2:6:2の法則」とは?

僕は持病があって通院生活をしています。

病院には多くの患者さんや、医療従事者の方々がいます。

 

病院に行くと、

 

・苦手な人もいて、

・どちらでもない人もいて、

・好きな人もいます。

 

その割合が「2:6:2」になっているんです。

 

例えばですが、

病院に100人の人がいたとします。

その中には、

・僕の苦手な人が20人いて、

・どちらでもない人が60人いて、

・僕の好きな人が20人いるってことです。

 

去年の僕は、まさに、この法則通りでした。

今は、不思議な事に「苦手な人」がいません。

というか、僕の苦手な人が減って来ました。

僕の目の前からいなくなって来たんです。

 

しかし、この2:6:2の法則は続くようです。

 

20人の苦手な人を排除したとしても、

残りの80人の中で「2:6:2の法則」が生まれるようです。

 

僕は今、苦手というのが実感していないだけであって、

これから苦手な人が出て来るかもしれませんね。

 

また、こんなケースもあるようです。

 

病院に100人の人達がいて、

「自分が好きな人を20人、排除してしまう」と、

苦手な人が20人と、どちらでもない人が60人残ります。

 

そうすると、

その残された80人の中で2:6:2の法則が生まれ、

その80人の中から「好きな人」が生まれるようです。

 

それで、バランスがとれているようです。

この法則は、いろんなシーンでもあてはまっているようです。

とても不思議ですよね。

 

このような法則を知っていると、人間関係が楽になると思います。

この法則でいえば、

・この世界には自分と合わない人が2割いて、

・どちらでもない人が6割いて、

・自分と合う人が2割いるんだなって。

 

それで、この世の中のバランスが保たれているんだって。

 

だから、自分と合わない人がいても気にしないこと。

それが「この世界のバランス」だと思えばいいってこと。