コンプレックスや劣等感を他人の責任にしない!

スポンサーリンク

 

他人を見て腹を立てるのは、

自分の「コンプレックス」ではないでしょうか?

 

自分に劣等感があるから?

他人と自分を比較するから?

自分の方が劣っていると自覚しているから?

腹が立つのではないでしょうか。

 

他人を見て腹を立てて、

他人に嫌味を言ったり、酷い事を言う。

そうやって「うさばらし」をしているんじゃないでしょうか?

それはただの「八つ当たり」です。

 

コンプレックスがあるなら?

劣等感があるなら?

それをバネにしたらどうですか?

 

太っていることがコンプレックスならば、

痩せる努力をすれば良い。

肥満は万病の元だし運動をするなりして、

健康的な生活習慣を身に付ければ良い。

 

というか、なぜ太ったのでしょうか?

誰の責任で太ったのでしょうか?

太った原因はなんでしょか?

 

何事にも「因果関係」があります。

 

自分の「だらしない生活習慣」で肥満を招いて、

肥満になった自分と他人を比較して、

「罪のない他人」にコンプレックスを抱く。

コンプレックスを抱かれた他人は、とても迷惑です。

 

また、自分に劣等感があって、

コンプレックスを解消しようと努力しないのは誰ですか?

コンプレックスを解消しないを「選択」をしたのは「あなた」です。

 

八つ当たりをして他人に酷い事を言うと、

必ず自分に同じ事がかえってきます。

因果応報、因果関係というものがあるのです。