元妻から連絡があり、「私に合った車を探せ!」という指令を受けた。Part2

スポンサーリンク

先日、元妻から連絡があって、

「私に合った自動車を探せ!」との指令を受けました。

元妻の要望に合った自動車が1台見つかりました。

トヨタ「ルーミー」です。

暴走壁のある元妻に必須の「ターボ」も付いていて、

1000ccという排気量で、

軽四よりも大きくて、ミニバンより小さい、

使い勝手の良いコンパクトカーでした。

 

つい先日、元妻からLINEが届きました。

「トールどうよ?」と。

 

トールという言葉の意味が解らず、

取りあえずググってみました。

すると、ダイハツの自動車の名前でした。

ダイハツのトールという車種を見ていると、トヨタのルーミーとよく似ていました。

出典:ダイハツ

 

エアロパーツを装着すると、なかなかイケています。

こちらは、トヨタのルーミーです。

出典:トヨタ

 

元妻に、電話でアドバイスをしました。

トヨタのルーミーと、ダイハツのトールの「試乗」して、

トランクルームや、室内を実際に見るといいよと。

 

また、各自動車メーカーは、

「コンパクトカー」に力を入れ始めると思うので、

来年になると、

もっと多くのメーカーからコンパクトカーが発売されると思います。

 

そして、今回のトールと、ルーミーは同じ車なんです。

「OEM車両」といって、1つの自動車を各メーカーの名前で、

エンブレムなどを変えて、販売しているようです。

・ダイハツ・トール

・トヨタ・ルーミー

・スバル・ジャスティ

この3車種が、OEM車両のようです。

 

元妻も、自動車を購入するのは来年になるそうなので、

自動車販売店の様子を見れて、ちょうど良いかもしれませんね。

 

元妻は、自動車の色を「赤」は飽きる色かな?って悩んでいました。

赤色が気になっているようです。

 

もし? 元妻が赤い自動車を購入したら?

僕は白いテープで、元妻に似合うマークを作ってあげる予定です。

このようなマークです。(笑)

 

画像出典:ダイハツ