環境を変える、簡単な方法とは? 

スポンサーリンク

 

みなさんは、ストレスを感じないで生活が出来ていますか?

僕は、毎日の生活でストレスを感じています。

 

僕はHSP気質なので、色々とストレスになる物事が多いです。

家族と同居していて、家族の「生活音」がやかましくて苦痛でした。

 

それで、1人暮らしをして、今の環境を変えようと思っています。

1人暮らしを始めれば、家族の生活音が聞こえません。

ストレスが無くなって、心が休まる空間も持てて幸せに暮らせそうです。

しかし、引っ越し先での人間関係や、騒音があるかもしれませんよね。

 

今、苦痛を感じているのは、どういった事なのか?

生活音がやかましいのなら、「聞こえなくすれば良い」のです。

僕は普段、自宅に居る時は「24時間、耳栓を着用」しています。

耳栓を着用していても、家族の生活音がやかましいのです。

 

耳栓を着用し、音楽を聴き流しています。

そして、天気が良ければ公園へ行ってトレーニングをします。

家から出れば、家族の生活音が聞こえません。

 

何でしょうか、

家族の生活音に不快感を持っているというよりも、

「母親」に対しての不快感が強いのかもしれません。

 

母は、アスペルガー症候群だと思います。

僕は、HSP気質です。

 

合わないんです。

普通なら、一緒に暮らせないんです。

家族の生活音が苦痛なのではなくて、

母親の言動にストレスを感じ、母親の全てを否定しているのだと思います。

 

赤の他人が、生活音がやかましくても、

ひょっとしたらストレスが溜らないかもしれません。

母親の、無神経極まりない言動などがストレスなのでしょうね。

 

いま、僕の環境を変えるには、

僕が1人暮らしをする事が手っ取り早いです。

その方がHSP気質の僕には安らぎになる。

 

しかし、今の環境に「慣れる」方法もある。

生活音がやかましければ、対策をすれば良い。

相手の性格を変えるよりも、自分の生活習慣を変えた方が早い。

 

最初から、母親が、

無神経極まりない言動をする人だと理解していたら?

それ程、腹を立てることはなかったかも。

 

母親は、「優しくて」「愛情深くて」「思いやりがある」と、

僕が勝手に思い込んでいただけかも。

僕の、母親像としての理想が高すぎて、

その理想と現実に差があり過ぎて、

母親への期待が大き過ぎて、

それが全て、僕に跳ね返ってきたように思います。

 

無神経極まりない人って、この世の中にたくさにます。

アスペルガー症候群の人も、たくさんいます。

 

そういった、他人への心配りが出来ない人がいるんだと、

最初から想定していれば、僕は苦しむことがなかったはずです。

自分の母親が、無神経でアスペルガー症候群だと、

把握していたなら、腹を立てることもなかったのかなって。

 

無神経な人は、

普通に普段から無神経なことを言うんです。

見た事を、そのまま口にしてしまうんです。

そういう身体の、思考の構造になっている人なんです。

 

ある人は、他人に対して、

心配りが出来る思考の構造があります。

 

ある人は、他人に対して、

心配りが出来ない思考の構造があるんです。

 

十人十色です。

 

この地球上には、色んな「人格」を持った人達が暮らしています。

自分と合わない人がいても、何ら不思議ではない。

 

いえいえ、自分と合わない人がいるのが自然なんです。

自分には自分の考え方があって、他人にも他人の考え方がある。

自分の考えを相手に押し付けると、相手は不快感を覚えます。

自分だって同じでしょ?

 

僕の、今の生活環境の中で、いくつかのストレスがあります。

引っ越しをして、1人暮らしをすれば一挙に解決します。

 

また、いまあるストレスを、

1つずつ解消して行く方法もあります。

もっと、アドラー心理を学べば、解決すると思います。

 

ようは、僕が人として成長すれば、

わざわざ引っ越しをして、1人暮らしをしなくても済むのです。

 

ようは、僕が人として未熟なんです。

未熟だからストレスを受けてしまうんです。

 

僕には、ムカつく人間がいました。

その、ムカつく人間に対して文句を言いませんでした。

文句を言わなかったのがストレスでした。

 

しかし、最近になって、

ムカつく相手に、言いたいことを言うようになりました。

そうすると、ストレスがなくなりました。

 

僕は何故?

ムカつく相手に、文句を言えなかったのでしょうか?

 

それは、文句を言うと、

今後の生活に支障が出るから我慢していたのです。

しかし、今後の生活に支障が出ても構わないし、

「自分の力で何とでもやってみせる!」という気持ちと、

「トレーニングで体力」を付けた事で、

言いたい事が言えるようになったんです。

 

今まで、自分に力が無くて、何も言い返せなかったんです。

 

でも、今は、

僕には「力」があります。

 

力があるから、言いたい事が言えるんです。

 

自分が弱くて、逃げて、環境を変える方法も良いでしょう。

また、

自分を強くして、戦って、環境を変える方法も良いと思います。

 

今の環境を変える方法は、いくらでもあると思います。

選択肢はたくさんあるし、自由です。

 

その、選択をするのは自分です。