自分の人生の「目標」「目的」を再確認してみる?

スポンサーリンク

生きて行くためには生活費が必要です。
生活費を稼ぐためには「何らかの収入源」が必要です。
何らかの収入源には、色々とあると思います。

仕事をすると、生活費が稼げます。

その仕事ですが、好きな仕事もあれば、嫌いな仕事もある。
どうせ働くなら?
好きな仕事をやった方がストレスが無くて、
楽しく仕事が出来るのではないでしょうか?

自分の好きなことが仕事だと、
365日、毎日仕事だったとしても楽しいかも知れませんね。

僕はブログを書くのが好きでした。
そして、ブログを書く事が仕事になりました。
僕は仕事をしていて、全く苦労を感じません。
1日が24時間ではなくて、
1日が48時間あってくれて、
もっと記事を書きたいとさえ思っているほどです。

好きな仕事でお金を稼いで、
楽しい生活が出来たら幸せですね。

そして、
自分の人生や生活に共感出来るパートナーと巡り会って、
夫婦となり、家族が出来たら嬉しいですね。

子供が出来たら、
子供にも自分のやりたい事をやらせてあげる。
そのための手助けはOKだと思います。

親が、子供の未来や進路を強要するのは、
「余計なお節介」かもしれませんね。

親は、自分の家業を子供に託したいものです。
しかし、親から、やりたくない家業を押し付けられても、
子供は困ってしまいます。

というか、
働く親の姿をみて、
子供が親の仕事に憧れる場合があります。

子供に、家業を継がせたいならば?
子供に、自分がやっている仕事をみせてあげると良いかもしれませんね。

父や母が、
楽しく、活き活きと働いている姿を子供がみると、
「親の仕事を受け継ごう!」と思うかもしれませんね。

親がやっている仕事が、
「ブラック企業」のようなものだった場合?
それを見た子供は、どのように感じるでしょうか?

原点に戻って、

まずは、自分がやりたい仕事を見つけることです。
そして、自分の人生や生活に共感してくれるパートナーを選ぶ。

人生の、「すじみち」のようなものがあると、
自分の人生をイメージしやすいと思います。

人はみんな、生まれてきて、寿命が来て死にます。

人生を、どのように生きるか?

人生のイメージが出来ている人と、
人生のイメージが出来ていない人とは、

暮らしが違うと思うんです。

その日、1日が全く違うんです。

何事も同じですが、
「目標」があると心強いです。

マラソンは、ゴールという目標に向かって走ります。

人生も同じかもしれませんね。

人生の目標を目指して生きて行きます。

人生に目標が無いと?
人生に迷走してしまうんです。

今一度、
自分の人生の「目標」「目的」を再確認してみてはいかがでしょうか。