ヒメタニシの「濾過摂食:ろかせっしょく」に期待!

スポンサーリンク

 

先日、メダカ水槽の水質を良くするために「ヒメタニシ」を購入しました。

ひごペットで、1匹の値段が86円でした。

 

水槽へ入れてあげて、数日後には「稚貝」がたくさんいました。

 

このヒメタニシは、卵を産むのではなくて「稚貝」を生むようです。

生まれて来た稚貝を、別の水槽へ移したりしています。

このペースで増えてくれると、ペットショップで購入しなくて済みます。(笑)

 

余っている水槽を「水草水槽」として利用しています。

少しコケが付いてコケ取りをしないといけないです。

コケはヒメタニシのエサになります。

ってことで、ヒメタニシのオストメスの1ペアを、

水草水槽へ入れてあげて、「コケ取りと繁殖」をさせています。

 

ヒメタニシの性別判定は簡単です。

こちらがオスです。

 

こちらがメスです。

 

オスと、メスの違いがわかったでしょうか?

ヒメタニシには「触覚」があって、触覚の片方が丸くなっているのがオスです。

 

ヒメタニシは、水槽の水質を浄化してくれます。

「濾過摂食」といって、水中の浮遊物などを濾過するように食べます。

フィルターのような役目をしてくれるので、水が浄化されるようです。

また、メダカ達の食べ残したエサなども、ヒメタニシが食べてくれます。

水槽の中の掃除屋さんとして、ヒメタニシは大活躍してくれます。

 

そして、焼いて食べたら美味しそうです。(笑)