ダルマメダカを増やすのに罪悪感がある?

スポンサーリンク

 

メダカを育てていると、体調が短いメダカが生まれることがあります。

一般的には、そのようなメダカは「奇形種」と呼ばれています。

体調が短いことによる不都合などがあるようです。

交尾がしずらいだとか、激しい水流に耐えれないだとか、

奇形種にとっては不都合が多いようです。

 

それを知っていて、

体調の短いメダカを増やそうと思っている自分に対して、

罪悪感というか、複雑な気持ちがあります。

 

変な言い方になりますが、

僕自身が障碍者なので、障害がある苦しさをよく知っているはずです。

障害の苦しみを知っていて、奇形種のメダカを増やそうとしている。

 

悩んだ挙句、出た答えが、「増やそう!」です。

 

僕は、素直に体調が短い「ダルマメダカ」という品種が好きです。

ミニチュアダックスのような感覚です。

短い姿が愛らしいのです。

 

僕は、障害の辛さや苦しみも知っている。

その上で、奇形種のダルマメダカを増やしたいと思うのだから、

僕の好奇心を優先させてみました。

 

もし、ダルマメダカを増やして、心が傷んできたなら?

止めれば良い。

そして、その気持ちを、記事にして書いてみます。

 

ダルマメダカは特殊なメダカです。

飼育には、注意が必要だそうです。

責任をもって、ダルマメダカを育ててみますね。

 

こちらの水槽に、「ダルマメダカ」のオスと、

「ミックスメダカ」のメスが暮らしています。

 

最近、生まれた「ダルマメダカ」でしょうか?

他の稚魚たちよりも、体長が短く見えました。

 

大きくなるのが楽しみです。

この子も、他のメダカたちも、大切に育ててあげたいです。